営業職としてのITコンサルタント

システム開発を担うシステムエンジニアはIT業界で働く際に入り口としてよく選ばれているが、晩年まで働き続けるのが困難な職場が多いことから転職を念頭に置くことが多い。その際にITコンサルタントへ転職を検討することも少なくはない。所属先によって具体的な業務内容には違いがあるが、基本的には顧客の抱えている問題をヒアリングし、それをシステムによって改善することが目指される。ソリューションとして所属先の開発した技術を使うことが求められる場合が多い。メーカー系のコンサルタント企業に転職した場合には特に社内で開発されたシステムという枠組みの中でソリューションを生み出すことが不可欠になる。

独立系のコンサルタント企業の場合にはこのような束縛はなく、IT全体から考えて最適解を導き出すことが求められる傾向がある。いずれの場合でも基本的には営業職としての役割を果たさなければならない。問題を抱えている顧客にとって最適なソリューションを導き出し、その重要点とメリットをプレゼンテーションして納得してもらうのが基本業務である。そのため、開発力は必要ないものの幅広く深い知識が求められると共に、高いビジネスマナーを持ってコミュニケーションを行える必要がある仕事になっている。

ITコンサルタントへ転職すると営業職になるという意識を持ち、基本的なビジネススキルを身につけておくことが欠かせない。それを怠ると再度転職をしてしまうことになるリスクがある。