コンサルタントへ転職とそのキャリア

ITコンサルタントへ転職して成功するには、ITの知識が豊富であることは前提として、プロジェクトをマネージメントする上で重要な、人・物・金をコントロールする力が重要である。さらに、多くの難題を解決していくための判断力、各役割ごとの調整力と物事を円滑に進めるためのコミュニケーション能力が必要となることは言うまでもない。

また、いかに早くシステムおよびインフラ上の課題抽出して、解決すべき糸口と技術的な問題を理解すること、経営的な視点で物事を捉えることができるかが、優秀なITコンサルタントであるかどうかの境目にもなる。コンサルタントという華やかなイメージとは違い、クライアントからの要望には、必ずコミットメントするという強い意志と精神力を持ち合わせていることを求められる。厳しい環境だからこそ、大きな成果をあげた時の達成感は、何事にも代えがたい経験として残るだろう。

将来的には、ITコンサルタントとして、様々な現場を経験した後、経営戦略系、業務改革系、サプライチェーンマネージメントなど多岐にわたる領域での活躍が見込まれる。そして、独立して中小企業診断士、経営コンサルタントやアドバイザーとしての可能性もあるだろう。事業会社の経営企画、情報システム部門の責任者に就き、ITコンサルタントの経験をフィードバックして、事業戦略に生かす道もある。意欲が高い場合には、事業を起こし経営者として活躍する場面も想像に難しくない。