IT業界の定年事情はどうなっているのか

IT業界では、35歳定年説という物が囁かれている。なぜかというと、システムエンジニアなどのITの仕事は、普通の仕事よりも年功序列という概念が薄く、若い人材が活躍しやすい場だからである。IT業界はどんどん変化し、それに乗り遅れないためにも新しい技術を学び続ける必要がある。若い内はまだ良いが、こういった意欲を長く保つ事は難しく、年齢と共に疲れ果てて仕事を離れるという人も少なくない。

また労働時間が長いというのも、長く仕事を続けにくい理由の一つだ。開発部門で働いている人の場合、納期に追われる事が多い。納期に間に合わないとなれば、残業する事でスケジュールを取り戻す事になるだろう。これが長く続けば、仕事に疲れて意欲を無くしてしまうのも無理はない。

しかし、35歳定年説というのはあくまで噂であり、全ての人がこれに当てはまるわけではない事を知っておく必要がある。ITと言っても仕事は様々あり、システム開発ではなくコンサルタント業務の場合は、若い人よりも経験や実績を積んだ人材が多い。ITとコンサルタントというのは、システム開発を効率良く、より効果的に行えるようにするためのアドバイザーだ。そのため豊富な経験と、様々な分野の知識が必要になる。システムエンジニアとして経験や実績を積み、ITコンサルタントへ転職という人は多くいる。様々な職種があるIT業界の中で長く働き続けるためには、年齢に見合った業種へ転職するというのも一つの方法である。